FC2ブログ
みぅとアソボ♪
みぅのこと イロイロかきましゅσ(*´∀`*)エヘヘ  日々のこと、過去のこと、空想しちゃってることetc… ちょぴHなことかぃちゃったりするから、そうゆぅの嫌いな方はスルーでおねがぃしますね~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台風の日
 台風のため、家にとじこめられている U君とみぅ。
 雑誌を読みながら、ねころんでぃる U君にみぅは上からまたがって、雑誌をもつ腕の間から顔をくぐらして、彼の唇に チュ首すじにも チュ。耳にも チュ。 いろんなとこチュッチュしながら、下半身を なでなでする。彼のが、元気になってくのがわかる。…でも彼は雑誌から手を離さない。続けて、下半身を中心に 愛撫をする。…が、雑誌のページをめくる音とともに、彼の声が
「ごめん。今日イライラしてるから やさしくできなぃ。」
 あたしは、彼の言葉を流して 下着を下ろす。彼の固くなったモノを口の中に含み、舌でいっぱいなめつくす。
「みぅ、やさしくしてあげられないから、やめといて」
と彼があたしの顔を 下半身からひきはなした。よくわからんが、嫌がられるとヤりたくなってしまぅ性分のあたしは、唾液でテロテロの突起物を手でとっつかまえて、上下にこねくりまわす。それに加えて、U君のオシリに 人差し指をぷすり。
 「おぃ!!
 あわてたような彼の声。あたしは気にせず、指の付け根までさしこむ。指がぎゅぅうってしめられて、なんだか ヘンな気分。楽しくなって、ぺ○スをくわえながら 指の関節を彼の中でぐにぐにまげたりして遊んでみる……突然彼は がばっとおきだして、みぅを押し倒した。不意打ちにあい、ぼけっとしている間に、パンティおろされて指をねじこまれた。
 「痛い…」
 いつもは、1、2本の指でやさしく いぢってくれるU君だけど、ストレス+あたしへの逆襲なのか、いきなり3本の指で激しくかきまぜてきた。だんだん濡れてきて指はスムーズに動くようになったけど、乱暴に出し入れされて その摩擦が痛い…
 「ヤダ、痛い はずして!」
 みぅが懇願すると、U君は 勢いよく指をひきぬいて、そのままみぅの口の中に ガボ…
 「まずぃ しょっぱぃ ばかぁ! うぎゅ…」
 しゃべると もっと奥まで手をいれられて、口をふさがれた。彼がみぅのナカにはいってきて、激しく腰をぶつけてくる。口をふさがれたままで、なんだか すっごく興奮してきてしまった。
 「おい、後ろむぃて つきだせ」
 いつもの U君とは、あまりに違う口調で命令されて、あたしは言われるがまま 彼の言葉どおりに動いた。みぅのオシリをわしづかみにした彼は、後ろから激しくインサートしてきた。それと同時に、みぅがしたみたいに お尻に指をつっこまれてしまった。思わず、ぎゅうぅぅって力が入ってしまったのが 彼にはきもちかったみたいで
 「うっ」
 って声が 彼の口から漏れた。お尻はムズムズして 気持ち悪かったけど、彼のピストン運動が激しくてきもちかったの。。。

 ザァーーーーーーーー
 台風の雨の音の中、二人で汗まみれの身体をくっつけて横たわっている。ふいに彼が質問してくる。
「いつものと、今日みたいなの みぅはどっちがスキなの?」
あたしは 少し間をあけたあと答える。
「いつもの方が安心する。でも 今日のは刺激的できもちかった」

 もっと、もっと いろいろな彼がみたい。いろんなことがしたぃ
   (*・ω・人・ω・*)

      って思うの
 
ア・オ・カ・○?!
 昨日、あまりにポカポカきもちぃいから、ひきこもりがちのU君をつれだして、お散歩した^^
 汗が少しでるくらいの 天候にもかかわらず、手をつないで歩くこと20分くらい、高台の公園到着~~~。…公園というよりは、ちょっとした 山?ってかんじだけど…
 人けはなくて、二人して コンクリートの塀をよじのぼって 空をぽかんと見上げてる
 ゆっくり外にでたのが久々らしかったU君は、きもちよさそうにねっころがって空をみつめてる。そのうち、彼から 静かな寝息がきこえて、みぅも一緒にひと眠りする…
 彼の唇の感覚で、あたしは目を覚ました。
 いつのまにやら、U君が みぅの上にかぶさってた。
 彼はみぅの耳元で
 「Hしたくなぃ?」
 ってささやく。
 「え?!」
みぅの返事をうながすように、U君は みぅの胸を弄びはじめた。
 「みぅの 胸は返事がはやくていいね^^」
みぅの敏感な 乳首を指先でころがされて、たまらず吐息がもれる。
でも、『人がきちゃったらどうしよう…』ってふいに心配になっちゃて、感じきれなぃ…
 そんな みぅの様子をみて、
 「早く帰って、しようね^^」
 って U君がいってくれて、元来た道を 手をつないで 帰りましたとさ♪


 部屋にもどって すぐ、はげちぃHしちゃった…
        σ(^◇^;)。。。


kimiu2.jpg みぅには 一生 アオカンは無理そうです。
…ので、イメージして遊びますww


もっと 大胆になってみたい><
腕枕。
(○´ω`○)ノ ゃぁ
ゆずのお風呂で ぽかぽかみぅだよ~~。

久々 U君腕枕で昼寝(夜寝)してきました★

彼の スラッとした、褐色の腕は お気に入り。腕枕でなでなでされながら、お話するのが すっごく癒しになる。最近 U君忙しくて、なかなか そういう時間がなくって、久々の腕枕はうれしかった~~。(//▽//)

……で、U君を嫉妬させよう!!!作戦。(なんでそうなるのかね 苦笑)
いきなりみぅは、「近所のスーパーでアルバイト新人に もこみちそっくりさんがいる」って話題をふる。顔は もこみちほどワイルドではないのだが、身長や髪型がそっくりなの!!
「かっこいぃ~~ 店内を何回もいったりきたりして コソコソ見ちゃったよ~~」
「はなしかけたの?」
「えぇ~~~ ドキドキしちゃってできないよ~~」
いかにも、ときめいてる風に答える。だが、U君は ヤキモチやくどころか
「声 かけてみなよ~」
「どうやって?」
「ケータイ番号でも書いて わたせば?」
「やだよ!はずかしいから U君 話しかけてみて!」
「なんて言えばいいの?」
「3Pしましょうって!!」
「アホか」
「……」
会話が途切れる・・・・
ちょこっと 想像して どきどきしちったσ(^◇^;)。。。
「ねぇ~~ みぅが もこちゃんと(店員のあだなつけた)どこまでしたら、U君は やいてくれるの?」
「別に、やりたいとこまでしても かまわないよ^^」
「ガ━━(゜Д゜;)━━ン! 」
「じゃあ、今度 話しかけてみるよ・・・・」
「おう がんばれや」

なんか さみしぃ~~~~~オラー! (ノ`A")ノ ⌒┫ ┻ ┣ ┳

そのまま 会話終了で、Mステみながら 夢の世界へ旅立っていった。

3時間くらい 寝たのかな?
「ぎゅうう」
ほっぺたに 痛みを感じて、目が覚めた。U君が みぅのほっぺつねってる、、、、
眉間に シワよせて 不機嫌そうなU君。一体どうしたのだろう?
「痛いよ。なに?」
「夢見た。。。。」
「悪い夢?」
「お前と もこちゃんがヤッてる夢
みぅは 大笑いして、U君に たまらず チュウしちゃったwww

ぽかぽかな 一日でした~~
    
          ヾ(・д・。)マタネー♪

今朝は W杯決勝だったね★
0:30AM。ケータイのバイブ音。
 みぅは 風呂あがりで あわてて バスタオルまきつけてでる。
「お~~~ なにしてるの?今でれる?」
 1週間ほど 実家にもどってたU君からの懐かしい声に みぅはドキドキする。彼はもう 車でこっちにむかっているっぽかった。
「あと 5分くらぃでつくけど?!」
 なんかの用事で外でていた帰りらしぃ。
「少し待ってくれたら でられるよ。」

 久々に会った彼と なんだか照れて顔あわせられなぃ。
彼もいつに増して 無口だったりσ(^◇^;)。。。ただエンジン音だけが聞こえる。そんななか、握った手があたたかかった。

 ところがどっこい!
彼の部屋につくないや 彼は仕事をはじめちまって、あたしゃ放置かぃ!!!!!
   ガ━━(゜Д゜;)━━ン!

 一人で ソファベッドに横になりながら読書する。ときどき 話しかけてみる。
「昨日ね みぅ、さくらんぼの 口のなかで結べたんだよ~」
「できるひと ときどきいるよね。」
「…そうだね」

会話終了。(; ̄_ゝ ̄)

「みぅね 何かやりたいんだけど 次のうちどれからやろっかなぁ~。油絵、習字、陶芸。」
「別に今やることないじゃん?!」

会話終了。(; ̄_ゝ ̄)

 はぃ もう 邪魔しませんからああ!!!!!
TVをつけると W杯フランスVSイタリアの試合が 丁度キックオフされたところだった。みぅは ジダンとトッティをみて 欲求みたすもんねぇ~~~~だ。
 試合開始から 10分くらいして、みぅに背中むけていたUがこっちに振り向く。
「うわ 忘れてた…みなきゃな」
 どこまで マイペースなんだ こいつは∑( ̄口 ̄)。。。とあきれつつも あたしを後ろから抱きかかえながら観戦はじめてくれた彼にドキドキしちゃうの……(T△T)
 そのうち 彼の手がみぅの胸にのびてきて…
[今朝は W杯決勝だったね★]の続きを読む
ツルツルまんでぇ~
みぅの月曜日は ツルツルで ヘンな気分でした

 …って なんのはなしじゃあ!!∑( ̄口 ̄)

ってきになるかたは はずかちぃので、
 続きでよんでね
[ツルツルまんでぇ~]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。